洋洋(ヤンヤン)死亡

令和5年11月23日 午前7:52、佐渡トキ保護センターで飼育されていたメスのトキ「洋洋(ヤンヤン)」の死亡が確認されました。この個体は、オスの「友友(ヨーヨー)」と共にペアで中華人民共和国から天皇陛下(当時)に贈呈されたものです。来日した平成11年1月30日からペア解消の平成23年までの間に35羽の雛を孵化させ、これまでに日本における野外に放鳥されたトキは全て「洋洋」の子孫にあたるということです。

「洋洋」は平成8年4月14日生まれで、今年で27歳。今年の6月頃から足を引きずり、正常に歩行できない状況が見られており、11月21日(火)には起立できず自力での採餌ができない状況になっていました。