【5月12日発表】 野生下のトキの営巣状況等について

環境省からの発表で、5月12日(金)時点での野生下のトキの営巣状況等について、お知らせします。
営巣が確認されているペアは、全体で41組、そのうち26組で育雛、11組で抱卵が確認されています。なお、ふ化したヒナの羽数は本日時点で59羽となり、2012年に野生下でヒナが誕生して以来最高であった昨年の53羽を上回りました。

20170511_ヒナ2羽に給餌する#220 20170511_足環装着後のヒナ2羽
ヒナ2羽に給餌するNo.220 足環装着後のヒナ2羽

2012年~2017年の繁殖結果・繁殖状況

   営巣   ふ化 巣立ち  
   形成ペア数 ヒナをふ化させた
ペア数
ふ化したヒナの
ペア数 
巣立ちさせた
ペア数
巣立ちした羽数 
2012年 18 8
2013年 24 14
2014年 35 14 36 11 31
2015年 38 12 21 16
2016年 53 25 53 19 40
2017年 59※ 28 59    

※現時点までに形成されたペア59組のうち
・営巣中のペア41組(うち26組が育雛、11組が抱卵、4組が未抱卵)
・営巣・抱卵・育雛を中止したペア18組