トキの先生の紹介

toki_takano
高野 毅(たかの たけし)さん 「トキの講話」「ビオトープ体験」「生きもの調べ」
佐渡の里山・生椿地区に生まれ育った高野さんは、小さいころ、トキが田んぼに来ると、 お父さんが仕事をやめてトキがエサを食べるのを見守っていたのを覚えています。高野さんのお父さんは、死ぬまでトキを友だちだと信じ、 トキがすべてトキ保護センターに保護された後は、夏も冬もエサのドジョウを育て、かついで山を越えてドジョウを運んでいました。 その思い出を大切にしながら、今も人が住まなくなった生椿で田んぼを守り、ドジョウの放流を続けています。昔のトキの話、 トキが空をふたたび舞うために私たちが何をすればいいのかを、全国の人に語りかけています。

toki_tsuchiya
土屋正起(つちや まさおき)さん 「野生のトキと、佐渡の野鳥の話」
土屋さんは、ほぼ毎日、放鳥されたトキの観察を続けています。佐渡の野鳥の専門家で、島内の小学校や地域の学習会などの講師として、 野鳥を観察する楽しさを伝えています。土屋さんは、鳥も人も暮らしやすい自然環境が日本中に広まって欲しいと願いながら、 野生トキの生態や魅力について、体験や写真を交えながらお話しします。