中国へのトキ4羽の返還について

環境省からの発表で、日中政府の合意による、トキ4羽の返還が平成28年3月9日に行われます。
また、これらのトキの引渡しのため、李天送(リ ティエンソン)国家林業局宣伝弁公室副主任を団長(予定)とする中国側代表団が訪日し、平成28年3月9日(水)に新潟空港で引渡し署名を行う予定です。

1.経緯
(1)環境省と中国政府・国家林業局の間の覚書により、中国から供与されたトキから生まれた個体の所有権は次のとおり帰属することとなっている。

美美(メイメイ) (メス、16歳) …偶数子は日本側、奇数子は中国側 ※平成27年9月29日死亡
華陽(ホワヤン) (オス、13歳) …奇数子は日本側、偶数子は中国側
溢水(イーシュイ) (メス、13歳) …偶数子は日本側、奇数子は中国側

(2)中国政府との調整により、2014、2015年に美美、華陽、溢水から生まれた個体のうち4羽を平成28年3月9日(水)に中国へ返還することを決定した。
(7回目。前回(6回目)は平成25年11月27日に7羽を返還)

(3)トキの移送に先立ち、鳥インフルエンザなど感染症の検査を行うため、佐渡トキ保護センターにおいて平成28年2月16日(火)からトキの隔離検疫を開始。現在、隔離検疫を継続しているところ。

2.トキの移送日程
3月9日(水)
5:30 両津港発(佐渡汽船カーフェリー)
8:00 新潟港着
11:30 トキ受け入れ証明署名
14:00 新潟空港発
16:40 上海浦東(プートン)空港着

3.中国へ返還する4羽のトキ
2014年生(2才) 2羽(オス1羽、メス1羽)
2015年生(1才) 2羽(オス1羽、メス1羽)

4.中国側代表団
李天送(リティエンソン)国家林業局宣伝弁公室 副主任 (団長・予定)
李林海(リリンハイ)国家林業局野生動植物保護司 副研究員
劉定(リユウディウ)上海浦東検験検疫局 科長
張秩通(ジャンジートン)上海市林業局保護処 副処長
謝春雨(シエチュンユー)上海野生動物園 副経理
※来日者は変更の場合があります。