石川県立津幡高校「朱鷺サポート隊」トキの森公園工作ボランティアのようす

7月19日(日)石川県立津幡高校のボランティア組織「朱鷺サポート隊」のみさなんがトキの森公園来園者の方へ、押し花のメッセージカードやトキの折り紙などの無料工作体験ボランティアをしました。

tokisupport_001
工作ボランティアのようす(トキの森公園資料展示館)

石川県立津幡高校ボランティア組織 「朱鷺サポート隊」とは?
平成20年11月に総合学科 花と緑系列の2・3年生と有志の生徒で結成され、以降、多種多用な活動に取り組む。
サポート隊の活動目的は「朱鷺の里」である石川の空へもう一度トキを飛ばすこと、そして、そのトキと人とが共に暮らせるふるさとをつくることです。そのために、トキに関する幅広い知識を身につける学習活動や、保護活動の実践をしています。また、多くの県民にトキへの関心を高めてもらうために、「トキメキカード」や「千羽トキ」作り、自作の紙芝居「はばたけトキ」の上演などの啓発・交流活動も積極的に取り組んでいます。
朱鷺サポート隊の詳しい活動のようすは津幡高校ホームページをご覧ください。
津幡高校ホームページ http://cms1.ishikawa-c.ed.jp/~tubath/NC2/htdocs/

tokisupport_003 tokisupport_002
トキの折り紙づくり 来園者にも丁寧におり方を教えていました。
tokisupport_006 tokisupport_005
生徒たちが作った押し花をつかったメッセージカードづくり 松ぼっくりをデコレーションしてストラップづくり

当日、工作ボランティアをしていただ生徒さんからコメントをいただきました。
今年で7年目となる佐渡での活動です。トキはとてもかわいいし、みんなにもトキにもっと関心を持ってもらいたいと思い活動をしています。
将来、石川の空にもトキがたくさん飛んでもらいたいです。
tokisupport_004
トキサポート隊のジャケット
トキのイラストの右下の22の数字は、津幡高校では、毎月22日をトキの日としている22(ニッポニアニッポン)から