【放鳥トキ3月のようす】 繁殖行動が盛んになってきています

■ 2015年3月中の放鳥トキの動き

■ 佐渡島内の動き
野生下のトキの繁殖行動が盛んになってきています。3月末時点で営巣が確認されたのは15ペア、そのうち抱卵が確認されたのは13ペアです。今年は何羽のヒナが誕生することになるのか、期待がふくらみます。
・3月15日にNo.86(6歳オス)とNo.134(4歳メス)のペアの営巣を確認しました。今期最初の営巣確認となります。このペアは昨年1羽を巣立たせることに成功しており、今年も昨年と同じ場所に巣造りをしています。
・3月22日には同ペアが抱卵していることを確認し、今期最初の抱卵確認となりました。その後、次々と営巣や抱卵しているペアが確認されています。
・3月22日に営巣・抱卵が確認されていたNo.105(5歳オス)とNo.157(5歳メス)について、3月27日に今期最初となる抱卵中止が確認されています。
・3月27日には野生下で生まれた足環のないトキ(オス)と2013年に野生下で生まれたNo.A03(2歳メス)が営巣していることが確認されました。野生下で誕生した個体同士による営巣確認は1979年以来、36年ぶりとなります。

■ 本州のトキの動き
・No.04(10歳・メス)は3月中、石川県輪島市や同県珠洲市内の水田で餌を探したり、木にとまって休んでいる様子などが観察されています。
・昨年7月以降に新潟県村上市で確認されていたNo.180(2歳・メス)ですが、今年3月26日に佐渡島内に戻ってきていることが確認されました。
・3月7日に新潟県上越市でトキ1羽が確認されています。確認場所が線路脇ということで、3月14日の「えちごトキめき鉄道」の開業が気になった?のかもしれません。3月16日には同県糸魚川市でもトキ1羽が撮影されています。環境省 佐渡自然保護官事務所発行 朱鷺かわら版Vol.31より

▼えちごトキめき鉄道ホームページ

■ 生息範囲ごとの個体内訳 (3月30日時点)

  羽数 オス メス 足環のない個体
(2012年、2014年生)
新穂・両津・金井地区 71羽  41羽  30羽  17羽 
真野・畑野・佐和田地区 28羽  11羽  17羽 
羽茂地区 12羽  7羽  5羽 
本州 1羽    1羽 
居場所不明 8羽  5羽  3羽 
  64羽  56羽  17羽 
合計 137羽 

※No.191が行方不明となりました。
・地区別の羽数に足環のない性別不明の個体は含まれていません。

放鳥トキ3月まとめ1 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
真野地区にて木にとまり休息するNo.137 両津地区にてあぜで探餌するNo.135および184

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

【放鳥トキ目撃情報をお寄せ下さい。】
連絡先:トキ交流会館

電話:0120-980-551(時間8:30~17:00)※トキ目撃情報専用フリーダイヤルです
FAX:0259-24-6041(24時間受付)

・最新のトキ情報は、環境省 佐渡自然保護官事務所 「放鳥トキ情報」ページをご覧ください
http://blog.goo.ne.jp/tokimaster