トキと似た野鳥

 1981年(昭和56年)1月、佐渡にいた野生のトキが全捕獲されてからも、時々、トキがいるという情報が研究者などに寄せられいたそうです。もし、トキとの区別がつかないなと思ったら、このページで確認してみましょう。


 トキに似ている鳥として、まず全身が白い、いわゆるシラサギ類がいます。佐渡にいるシラサギ類は、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ、カラシラサギの5種です。このうち、カラシラサギは佐渡では3回しか観察記録がなく、とてもまれな渡り鳥なのでで対象からはずしても大丈夫でしょう。
 
トキの成鳥は、繁殖期の(2月~6月)の間、頭部、首(頸部)、せなか(背面)と翼の前半、胸部など上半身が黒灰色をしています。なので、年中全身が白いシラサギ類と見分けるのは簡単です。見まちがいやすいのは、7月~2月の間です。繁殖期が終わると、トキは換羽をして黒灰色の羽色から全身白い羽色へと変わります。また、秋から冬にかけては群れをつくり、その行動範囲も広くなり、人里にも姿を現すようになるため、シラサギ類と間違えやすくなりますが、多くのサギ類は南に旅立ち少なくなります。

サギ類は、首も脚も長くてすらっとしていて、飛ぶ時は首をたたみ、脚は長くて後ろに延びています。
トキは、首も脚も短めで、飛ぶ時は首を伸ばし、脚は短いのでほとんど見えません。

是非識別にチャレンジしてみて下さい。

 

ダイサギ チュウサギ
■ ダイサギ ■ チュウサギ
コサギ アマサギ
■ コサギ ■ アマサギ

写真提供:日本野鳥の会佐渡支部 近藤健一郎