【放鳥トキ4月のようす】 3年続で野生下トキのヒナが誕生

■ 2014年4月中の放鳥トキの動き

・4月18日:No.81(第5回放鳥の7歳オス) とNo.66(第4回放鳥の5歳メス)ペアのヒナが誕生していることが確認されました。今年最初の野生下のトキのふ化の確認となり、これで3年連続のトキのヒナ誕生となります。
・4月22日:No.33(第2回放鳥の6歳オス)とNO.38(第3回放鳥の7歳メス)ペアのヒナのふ化を確認しました。
・4月23日:No.86(第5回放鳥の5歳オス)とNO.134(第7回放鳥の3歳メス)ペアのヒナのふ化を確認しました。
・4月27日:No.11(第1回放鳥の8歳オス)とNo.03(第1回放鳥の9歳メス)ペアのヒナのふ化を確認しました。第1回放鳥個体からのヒナのふ化は初めてとなります。
・4月30日:No.86(第5回放鳥の5歳オス)とNo.134 (第7回放鳥の3歳メス)ペアのヒナ1羽に足環(A07)を装着しました。

■ 2014年4月中の放鳥トキの生息内訳(5月1日時点)

  オス メス 2012年生まれ 若鳥(2013年生まれ)
新穂・両津・金井地区 29羽  23羽  3羽  2羽 
真野・畑野・佐和田地区 6羽  8羽  3羽  1羽 
羽茂地区 8羽  3羽  1羽  1羽 
本州(富山県・石川県・新潟県)   1羽     
居場所不明 1羽  2羽     
  44羽  37羽  7羽  4羽 

No.125、No.130、No.166 が行方不明(半年以上未確認)となりました。

■ 繁殖状況(5月1日時点)
営巣中 22組 (うち抱卵中16組、育雛中 5組)

■ 放鳥トキ4月の写真

抱卵するオス 20140430_足環装着1
抱卵するNo.105(2010年生まれオス) 足環装着作業
20140430_足環装着後のヒナ1 20140430_巣
No.86及びNo.134のペアのヒナ(No.A07) 巣のようす

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

【放鳥トキ目撃情報をお寄せ下さい。】
連絡先:トキ交流会館
電話:0120-980-551(時間8:30~17:00)※トキ目撃情報専用フリーダイヤルです
FAX:0259-24-6041(24時間受付)

・最新のトキ情報は、環境省 「放鳥トキ情報」ページをご覧ください。
http://ibis-info.blog.ocn.ne.jp