放鳥トキの死亡が確認されました

 平成26年2月21日(金)、環境省からの発表で、新潟県新潟市秋葉区内で、放鳥トキ1羽の死体が確認されました。
この個体は、平成25年9月27日に新潟県佐渡市で放鳥(第9回)されたNo.94(2010年生まれ)で、死亡原因は不明です。
放鳥トキの死体が発見されたのは、今回で8例目です。

1.死亡した個体 : No.94(2010年生まれ、4歳メス、第9回放鳥、多摩動物公園生まれ)

2.死亡個体の確認場所・確認状況
(1)確認場所 : 新潟県新潟市秋葉区内(付近に住宅や田畑が見られる竹林内)
(2)確認状況 : 2月21日(金)15時頃、地域住民が同地区の竹林内でトキのものと思われる羽根が散乱しているのを発見し、秋葉警察署に通報を行った。同署からの連絡を受け、同日16時30分過ぎから環境省職員が現地調査を行い、No.94の足環が付いた脚の一部、散在していた羽根及び骨片等を確認し、回収を行った。回収された部位が限られているため、直接の死亡原因及び死亡時期の特定は困難である。